究極の自分らしさを追求するネットビジネス情報マガジン

究極の自分らしさを追求するネットビジネス情報マガジン

反抗は自分を信じる道標

反抗は自分を信じる道標

※この記事が役にたったと思ったら・・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!


【反抗は自分を信じる道標】

こんにちは。藤間誠二です。

私の塾生やお弟子さん、読者の方々との相談でよく聞く言葉

自信がない

私ごとだが、
私もずっと自分を信じることができなかった。

数%だが、未だにその傾向があるかもしれない。
完璧に自分を100%信じて行動してるか
「自信」がないと感じるときがある。

だからこの「自信」のパワーが減少しているとき、
引き寄せの法則が発動しない。

私の感覚だが、
おそらく相手にも伝わっているんだと思う。
気のせいかもしれないが、
相手の波動が若干ズレる感じがする。
そんな時は、悪いクセがでてしまっていると
最近になって分かるようになった。

この「自信」は頭で考えても解決しないだろうと思う。
だから相談された時に月並みな言葉を並べても
納得ができないでいるのが相談者から垣間見える。

ある意味、日本の教育を長年素直に受けてきた人なら
この「自信」ない感覚であっているのかもしれない。

教育上ずっと
「アナタだけズレてる」
「アナタは間違っている」
「それはダメ、あれもダメ」
・・・

などと頭から抑えつけられたからに他ならない。

ゆえに
自発的に考えることもできず、
疑うこともできず、
反抗することもできない体質になってしまっている。

いずれにせよ、
自分を信じきれないばかりに、
「引き寄せの法則」自体の感覚が持てないでいる。

アナタはこんな口癖をはないだろうか?

「何でもいい」
「よくわからない」
・・・

こんな言葉が自然と出ていたら
超ヤバイ状態だ。

なぜなら、、、

アナタは完全に
無感覚状態だから。

この状態は非常に危ない。

実は成果がでていることにも
無感覚なゆえに、ダメだと認識してしまっている。
自分から離脱してしまうケースが多くなってしまう。

ではそもそも自分を信じることのメリットは何なのか?

私が感じる一番のメリットは、
「相手を信じることができる」だ。
自分を100%信じることができたとき、
相手にも波動が伝わり、
相手も自分を信じてくれるようになる。
上手く波動が噛み合っている状態だ。

他にもある。

思いが実現したり、
自分で答えを出せるようになる。

要は、全てにおいて好転するのだ。

では、この認識が無いとどうなるか答えは分かるだろうか?
ハッキリ言うが傷つかないで欲しい。

答えは、ノウハウコレクター

どういうことか分かるだろうか?
答えを自分以外に求めるということ。
成功のノウハウを知っていれば上手く行くと思っている。

残念ながらそれは勘違いだ。

私の経験上で申し訳ないが、
実際のところ、外にある成功ノウハウや成功パターンは
所詮他人が考案したモノに過ぎない。
ゆえにそもそもアナタに合致するハズがない。

つまり、

  • 自分を信じ、
  • 相手を信じ、
  • 相手の波動を受け、
  • 自分で答えを出し、
  • 成功ノウハウを確立し、
  • 成功パターンを繰り返すしかない。

以上のように言葉にすると簡単かもしれない。
だが、
「自分を信じよう・・・信じよう・・・」
と思えば思うほど、焦れば焦るほどに空回りとなり、
上手く行かず、自分がますます信じられなくなってしまう。

では、どうすれば自分を信じることが可能になるのか?
私が導きだした答えはただひとつ。

全てにおいて反抗してみる
ということ。

一見バカげているかもしれない。
「反抗したら相手に嫌われる・・・
自信がない上に、相手に嫌われたら・・・ドン底・・・」
と思うかもしれない。

実はその感覚を利用するのだ。

その感覚は全てが相手思考の状態だ。
「言うとおりにしていれば成功する」

この感覚がある限り、
おそらく自分を信じることは一生できないかもしれない。

最後に

特効薬があるので試してみて欲しい。

それは、、、
一度全てを全否定するってこと。

自分の全てを信じ、全てを自分に賭けてみる
アナタ自身で考え、自分の責任で行動するクセをつける

結局のところ全ては自己責任だということだ。

この感覚が研ぎ澄まされて行くと、
自分を信じることができるし、
相手を信じることができるようになる。

ここまで行けば、
引き寄せの法則も上手く発動するようになる。

反抗は自分を信じる道標


※この記事が役にたったと思ったら・・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top