【究極の自分らしさ】を追求するネットビジネス情報マガジン

【究極の自分らしさ】を追求するネットビジネス情報マガジン

夢と現実 見極めと諦め

夢と現実 見極めと諦め

※この記事が役にたったと思ったら・・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!

EXILEに学ぶ

昨晩放映された「中居正広の金曜日のスマたちへ」
私はEXILEというグループをほとんど知りませんでしたし、
そもそもあまり興味がありませんでした。

夕食の際、何気なく流していたテレビでしたが、
思わず食い入るように見入ってしまいました。

EXILEの結成からデビュー。
そして、EXILEとしての成功までの苦悩や、
メンバー増員、リーダーHIROさんの引退など、
なかなか共感ポイントがいくつもあるグループだということを始めて知りました。

最初から順風満帆に歩んできたワケではなく、
初期メンバーが1人50万円ずつ出し合って会社を作り、
自分たちだけで、自分たちがやりたいことだけを追求して活動を続けてきたそうです。

私が最も惹きつけられたのは、リーダーHIROさんの言葉がでした。

「どんなに人気のあるグループもいつかダメになる時がある」

苦労してきたからこそ、
現状に甘んずることなく、常に「夢と現実」の均衡を保つ思考と行動を続けているのだと思います。

面白いのは、社内会議に「うまい飯を食うための会議」というのがあること。
夢や希望ばかりに思考を使わず、
5年後、10年後にきちんと食べていくために「今するべきこと」を考えているそうです。
これこそ正に、芸能界のドン底を味わったHIROさんならではの発想といえるのではないでしょうか。

EXILE・三代目JSBのNAOTOさんのブログにこんな記事がありました。

↓↓↓ ここから ↓↓↓

EXILEの一員として改めてEXILEとはHIROさんの生き方そのものであり魂なんだと感じました。
そんなEXILEの一員であることを幸せに感じ自分もHIROさんの言葉をお借りすると「どこから生まれてきたのかを忘れるつもりはない」という気持ちでEXILE PRIDEを胸にこれから更に邁進したいと思います!
EXILEとしてだけでなく一人の人間としても表現者としても勉強になることばかりで人生において近道の本を頂いたような感覚でした!
スケジュール命、要はやるかやらないか、自己愛から人類愛へ、嘘と礼儀は紙一重、自分が受けた感動のニュアンスを、自分のフィルターを一度通して客観的に表現すること、見極めと諦め、、数え上げたらきりがない程の新たな発見、気付きをさせて頂きました!

夢を見ることの大切さ、夢を叶えるためのコツ、そしてそれに伴う現実。

夢と現実の両方をみさせてくれる人。

それが自分にとっての絶対的リーダーHIROさんです。

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

現実を忘れずに夢を諦めず叶えるために努力する。
要は、やるかやらないか。
そのための「見極めと諦め」

情熱と覚悟と信念をもって、応援してくれている皆さんのために。
全身全霊をかけて、次の時代のEXILEを創造し、証明したい。

私が常日頃からお伝えしている
「なんのためにそれをやるのか」に通じるところがあります。

志を忘れずに挑戦し続けるHIROさんの姿に熱い魂を感じることができました。

最後に

HIROさんがパフォーマーを卒業した同年4月に書かれた記事をシェアして終わりたいと思います。

ぜひこちらを読んでみてください。
2013年4月4日 EXILE Happinessより

LETTER FROM HIRO ON EXILE MOBILE APP 4/3
EXILEをいつも応援してくれる、
EXILE mobile会員の皆さんへ。
今日まで、僕はEXILEとともに、全力で走り続けてきました。
気がつくと、この6月でもう44歳になります。
ふり返れば10代の頃からストリートで踊り、仲間と夢を語り、
未来を信じて僕らは成長し、そしてEXILEになりました。
EXILEのHIROとして、たくさんの皆さんと
素晴らしい時間を重ねられたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
決して優等生ではなかった僕ですが、
本当にたくさんの仲間に出会い、支えられてきました。
そしてリアルな「Love, Dream, Happiness」に気づくことができ、
多くの人達と幸せを共有する喜びを知りました。
夢を叶えるために、試練から逃げることなく、本気で想い続けること、
全力でやり続けることの大切さも学べたような気がします。
大好きなダンスを極めたい一心で、この世界に入った僕が、
ダンスを通じて大切な人達にめぐり会い、エンタテインメントの素晴らしさを知り、
自分の生きる意味に気づきました。
たくさんの人達の笑顔、たくさんの人達の涙、
たくさんの人達の心とふれあうことで、心の底から「Love, Dream, Happiness」を感じ、
僕のなかで本物の覚悟が生まれました。
「Love, Dream, Happiness」のテーマのもと、EXILEはつねに輝く存在であり続けよう。
それこそが僕自身の生きる意味であり、夢であり、使命だと思っています。
そして、それを叶えることが、応援してくれている皆さんへの恩返しであり、
自分自身も幸せを感じられることです。
僕らは、大好きなダンスへの想いとその可能性を広げ、
証明するために、ダンサーからパフォーマーになりました。
そして一つひとつの想いを形にするために、同じ夢を共有できる仲間とともに
チームとして進化を遂げ、仲間はいま、同じ志を持つ「同志」となっています。
自分の体には、EXILEという血が流れている・・・。
この想いは、一生変わることはありません。
その血のもとに、エンタテインメントを進化させていくことがEXILEの誇り。
そしてEXILE PRIDEは僕らの生き様だと考えるようになりました。
EXILE PRIDEを持ち続けることこそが、EXILEの証です。
いま、僕には夢があります。
それは、大好きなEXILEが、これからもずっと輝き続けていくという夢。
そして、その夢を叶えるべく、僕はEXILEのパフォーマーに一区切りをつけ、
EXILEの未来を創る新たなステージへ踏み出そうと決意しました。
EXILEがもっとみんなに必要とされ、大切な存在となれるように。
僕は、情熱と覚悟と信念をもって、
EXILEのために、応援してくれている皆さんのために。
全身全霊をかけて、次の時代のEXILEを創造し、証明したい。
EXILEの未来のありたい姿を想ったとき、
その目標を達成するためには、いまこそ行動に移す時だと決断しました。
僕のEXILEとしてのパフォーマー人生は、
14人になってからの第三章とともに、2013年で終わりを迎えます。
けれど、それは同時に、EXILE第四章への新たなスタートです。
2014年から、僕はエネルギーと情熱のすべてを、
EXILEの新たな創造の挑戦に向けてそそいでいきたいと思います。
僕がこの役割に集中し、
メンバー全員が、その絆とEXILE PRIDEをもって全力を尽くせば、
EXILE第四章は必ず、さらに輝きを放つものになるはず。またそれと同時に、
メンバー一人ひとりの夢も、EXILE一族の新たな未来も必ず開かれていくはずです。
EXILEの一族全員が夢を共有し、誇りと志を継承していく。
若い世代の新しい血が加わることによって化学反応が起こり、
僕らのエンタテインメントの可能性はふくらんでいくのだと・・・。
それは必ず、EXILEの輝ける未来につながり、
皆さんに喜ばれるEXILEであり続けることになると信じています。
また、そのために僕には、EXILE一族の一人ひとりに、
EXILEの魂を注入するという大切な役割もあります。
そして、その魂が若い感性で磨かれ、
それぞれがオリジナリティを創り上げ夢を叶えてほしい。
オリジナルメンバーのように、
自分のスタイルを確立できるように成長していく。
そうした仲間を増やすことが、EXILEという生き物をもっと強く、
大きく進化させることにつながるはずだと思っています。
たとえ自分がEXILEのパフォーマーではなくなったとしても、
EXILEの血は薄まらない。
EXILEの魂は必ず、新しい世代に受け継がれていくと思います。
世代を超えた絆を築くのがEXILEであり、EXILEの誇り。
僕はこれまで以上に一生懸命、メンバーに魂をそそぎ、
そして才能の種がどんどん花開くように頑張りたいと思います。
僕にとってEXILEとは、人生そのものであり、夢であり、
僕自身もEXILEの大ファンです。
未来に向かってEXILEは、グループから一族へ、
さらにはアーティストを超えてエンタテインメントのクリエイティブ集団へ、
より大きな概念へと進化していくのかもしれません。
またEXILEが変われば、理由はどうあれ
ファンの皆さんが悲しむことを僕も感じてきました。
どんなにEXILEの未来のためといっても、
皆さんの不安を拭うことはできないのかもしれません。
でも、きっとそれは、皆さんの大好きなEXILEを、僕の大好きなEXILEを、
いまこの一瞬だけじゃなく、未来の子どもたちにも残せるようにするための形。
5年後も、10年後も、ずっとその先も、
みんなを笑顔にしたいという僕らの夢の形でもあります。
心からEXILEを理解してくれているファンの皆さんに、
いつまでも「EXILEって凄い」と言ってもらえる存在になれるように…。
自分が次への突破口を切り開こうと思います。
僕のEXILEでのパフォーマー人生は今年いっぱいで終わります。
2014年は新たなEXILEが創造されていく年になり
EXILE HIROとして今までとは違った見え方になりますが、
様々なエンタテインメントに挑戦し、
新たな表現者EXILE HIROとして皆さんにお会いできるように頑張っていきます。
EXILE PRIDEとともに、僕はずっとEXILEであり続ける…
EXILE mobile会員の皆さんへの恩返しの気持ちと
EXILE PRIDEを胸に全力を尽くします。
EXILEはもっと進化し、もっと喜んでいただけるエンタテインメントを
お届けしますので、これからも応援よろしくお願いします。
そして、これまで以上にEXILEを楽しみにしていてください。
2013年4月
EXILE HIRO

このブログの管理人

株式会社イズムCEO 兼 ネットビジネス家庭教師藤間 誠二
【究極の自分らしさ】を追求するネットビジネス情報マガジンを運営している管理者です。ネットビジネスなんて超簡単です!「パソコン1台で企業並みに稼ぐ」乱世を生き抜く独立したスーパー個人にアナタを変えます!そんなネットビジネスの核心に迫る!本気で取り組みたい人集まってよ!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top