究極の自分らしさを追求するネットビジネス情報マガジン

究極の自分らしさを追求するネットビジネス情報マガジン

彼も人なり、我も人なり

彼も人なり、我も人なり

※この記事が役にたったと思ったら・・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!

この土日

成功者が多く集うコミュニティに参加することで新しい気付きを得ることが出来た。

このコミュニティに集う成功者たちは、今まで出会ったどんな成功者よりもステージが格段に上の人ばかりであった。
そう感じたのは、稼ぎの額だけでなく、人生を謳歌し、キラキラと輝く素敵な大人ばかりだったからである。

故に、自ら心を閉ざしたかのように、僕は初日からずっと萎縮してしまっていた。
なぜなら僕が今までやってきたことがすべて鼻くそレベルであると感じてしまったからに他ならない。

そんな心で感じていた言葉を口にした瞬間、同席したビジネスパートナーに核心をつかれてしまった。

「ネガティブに感じる必要は無い」と。

確かに

上には上がいる。
だが、結局のところ同じ人間なのだ。

「彼は人なり、我らも人なり、我何ぞ彼を畏れんや。」

韓愈の言葉にもある通り、地位の高い人や、偉い人に接するとき、人はみな、かしこまり萎縮しがちなのだ。
また、戦っても決して勝てないと思い込んでしまったりもする。
偉い人たちがいる場で話をしたりするとあがってしまい話せなくなったりもする。
あまりに萎縮してしまうと、せっかくそういった人たちと親しくなる機会があっても、そんなチャンスすらも自ら潰してしまうのだ。
だが、どんなに地位の高い人も、偉い人も、やはり人間なのである。
恐れず、あるがままを受け入れ、シンプルに思考することが大切だったりする。

足らないと感じたこと、また教えや助言を素直に受け入れ、自身の成長のために奮起すれば良いのでは無いだろうかと感じることが出来た。

隣の芝が青く見えるように、人はいつ何時も他者と比べたがる。
その瞬間に自らを否定し、終わりなき迷路に迷い込んでしまうのだ。

目的はあくまでも自己成長。

あなたにはあなたの道がある。
先人、偉人に萎縮するのでは無く、自己成長のための見本として、そんな対象にしたら良いのでは無いだろうか。

最後に

結局のところ、物事は全て「捉え方次第」なのだと言うことを再確認することが出来た。

ぜひあなたも「自分はダメだ…」と他者とくらべて嘆くのでは無く、捉え方を変えて自己成長に奮起してみてはいかがだろうか。
あなたにはあなたの良さがあるのだから。

人は人、我は我。

追伸:

この誌を読んでみて欲しい。

SMAPの「世界に一つだけの花」

NO.1にならなくてもいい
もともと特別なOnly one

花屋の店先に並んだ
いろんな花を見ていた
ひとそれぞれ好みはあるけど
どれもみんなきれいだね
この中で誰が一番だなんて
争う事もしないで
バケツの中誇らしげに
しゃんと胸を張っている

それなのに僕ら人間は
どうしてこうも比べたがる?
一人一人違うのにその中で
一番になりたがる?

そうさ 僕らは
世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かさせることだけに
一生懸命になればいい
困ったように笑いながら
ずっと迷ってる人がいる
頑張って咲いた花はどれも
きれいだから仕方ないね
やっと店から出てきた
その人が抱えていた
色とりどりの花束と
うれしそうな横顔

名前も知らなかったけれど
あの日僕に笑顔をくれた
誰も気づかないような場所で
咲いてた花のように

そうさ 僕らも
世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい

小さい花や大きな花
一つとして同じものはないから
NO.1にならなくてもいい
もともと特別なOnly one

 

※この記事が役にたったと思ったら・・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは。

    その通りだと思いました。
    人と比べて自分を下げるなんて、もったいないですよね!
    私も私らしく頑張っていこうと勇気づけられました!ありがとうございます。

    • 東ピロさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      そうですよね。
      自分は自分です。
      いくら人と比べても、人と同じ人生は歩めません。

      自分らしく、誇りをもって生きていきたいものです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top