究極の自分らしさを追求するネットビジネス情報マガジン

究極の自分らしさを追求するネットビジネス情報マガジン

ある人、弓射ることを習ふに

ある人、弓射ることを習ふに

※この記事が役にたったと思ったら・・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!

徒然草に学ぶ

人は保証があると時として力を発揮できない。
一瞬一瞬に全力で挑まなければ道を極めることなどできない。

そんな怠けの心を描写した吉田兼好の一文を紹介したい。

まずは原文から。

↓↓↓↓↓ ここから ↓↓↓↓↓

ある人、弓射ることを習ふに、諸矢をたばさみて、的に向かふ。
師の言はく「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。後の矢を頼みて、初めの矢になほざりの心あり。
毎度、ただ、得矢なく、この一矢に定むべしと思へ。」と言ふ。
わづかに二つの矢、師の前にて一つをおろそかにせんと思はんや。懈怠の心、みずから知らずといへども、師、これを知る。
この戒め、万事にわたるべし。

道を学する人、夕には朝あらむことを思ひ、朝には夕あらむことを思ひて、重ねてねんごろに修せむことを期す。
いはむや、一刹那のうちにおいて、懈怠の心あることを知らむや。
なんぞ、ただ今の一念において、ただちにすることのはなはだ難き。

↑↑↑↑↑ ここまで ↑↑↑↑↑

どんな内容なのか、原文を読んだだけでは理解ができない。
本日のタイトルそのもの。

弓の射方を習う様を修業に例えて読んだモノだ。

現代語訳にするとこうなる。

↓↓↓↓↓ ここから ↓↓↓↓↓

ある人が、弓の射方を習っていたときに二本の矢をもって的に向かいました。
このときお師匠さんが言いました。

「初心者は、二本の矢を持ってはいけません。二本目の矢をあてにして、最初の弓をおろそかにしてしまうからです。毎回弓を射るときには、あたるはずれると考えるのではなく、この一本の矢で仕留めようと思うようにしなさい。」と。

たった二本しかない矢を(普通、)師匠の前でおろそかにしようと思うでしょうか。
いやそうは思わないでしょう。
しかしながら怠けようとする心は、自分では気づいていなくても師匠は知っています。
この戒めは、どんなシチュエーションでも通用するでしょう。

仏道を修行する人は、夕方には「明日の朝きちんと修行すればいいや」と、朝には「今日の夕方きちんと修行すればいいや」と思ってしまっています。
このような人たちは、ましてや一瞬のうちに『なまけの心』があることに気づくでしょうか。
いや、気づかないでしょう。
どうしてこの一瞬のうちに、ただちに実行に移すことは難しいのでしょうか。

↑↑↑↑↑ ここまで ↑↑↑↑↑

いかがだろうか。

実に素晴らしく怠けの心を描写している。

人とは、ややもすれば、簡単に怠けてしまう生き物なのかもしれない。
だからこそ、
「何のためにそれをするのか」
という大義が必要なのである。

それはビジネスにおいても然り。

目標があるのなら、一心不乱に突き進んだほうがいいに決まっている。
しかし、困難が降りかかると途端にモチベーションが下がり、
挙句には半ば諦めてしまうのだ。

そして自らを保全するかのように言い訳で武装する。
「今日は忙しいから明日から・・・」
「このドラマを観てから・・・」
「ご飯を食べてから・・・」
「趣味が終わったら・・・」

思い立ったが吉日

「明日やろうは馬鹿野郎
今度やろうも馬鹿野郎」なのである。

正に弓の射方を教えた師匠の言葉のごとくである。
「当たる外れると考えるのではなく、この一本の矢で仕留めようと思いなさい」

一瞬一瞬に全身全霊で挑めということなのだ。
過ぎた時は決して戻らない。
人生にタラレバは無いのである。

後悔しないためにも、一本の矢に集中し、全力で射たいものだ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top