究極の自分らしさを追求するネットビジネス情報マガジン

究極の自分らしさを追求するネットビジネス情報マガジン

環境を変えてみる…

環境を変えてみる…

※この記事が役にたったと思ったら・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!


【環境を変えてみる…】

こんにちは。藤間誠二です。

昨日嫁が入院した。
今日は手術をするので付き添っている。

昨日もお伝えした通り、幸い私は自由に行動できるので、入院する日も、手術の日も誰に気兼ねすることなくノーストレスで付き添うことができる。

自由を選択した分、自己責任の度合いは重くなるが、その分、大切な人の時間を優先して共有することもできる。
全ては何のために生きているのか。
全ては何のためにお金を稼いでいるのか。

自分で自分の道を選択し、決断する人生も悪くはない。

さて、今日は環境についてお伝えしたい。

もし仮に今の収入が倍以上になる仕事があるとしたら、あなたはその条件を受け入れますか?

「う〜ん…それは条件しだいかな・・・」

そう思ったあなたへお伝えしたいことがある。

その条件がサラリーマンを辞めるだけだとしたら、あなたはその条件を受け入れますか?
あなたがサラリーマンを辞めることができれば、あなたの収入が今の倍になることが保証されている。

どうだろうか?
ちょっと想像してみてほしい。

サラリーマンを辞めるだけで、今まで悩んでいたことが解決するかもしれないのだ。

なぜこんな一見根拠もなく突拍子もない話をしたかというと、、、

もしも今現在、あなたが収入を増やしたいと思っているのなら、いますぐサラリーマンを辞める覚悟が必要だからだ。

怒らないでいただきたいのだが、今の環境で収入が上がらないのに、今後同じ環境では上がる要素が皆無に等しいのだ。

しかし、あなたが今すぐにサラリーマンを辞める決断ができないのには理由がある。

それは、、、
サラリーマンという集団生活の中で生きるために均衡を保つ人間の防御本能が自然と身につき、出る杭で打たれないように周りの人間とできるだけ合わせる環境で生きてきたから。

これは旧来から根強く残る「日本人教育」の成れの果てなのだ。

かくいう私も、周りに流され、周りに合わせ、自分の意見を言わない、日本国民の平均的思想を植え付けられた人間だった。

しかし、そんな中では、周りが死んだら一緒に死んでしまう。
日本という国が破滅したら生きる術がないのだ。

例えば、今日あなたの会社が倒産したとき、あなたは明日からどうやって生きていきますか?
例えば、老後手にできる年金が一円も貰えなくなる世の中になったとしたら、あなたは老後どうやって生きていきますか?

相当辛いと思うが、ちょっと最悪なケースを想像してみてほしい。
あなたは個人で生きる術を持ちあわせているだろうか?

もしもあなたが最悪なケースを想像したとき、「このままじゃマズイ・・・」と思ったのなら、、、
もしもあなたが、個人で生きる術を持ちあわせていないのなら、、、

今すぐに、あなたは環境を変える必要があるのだ。

サラリーマンの環境では、サラリーマンの平均収入以上を稼ぐことは難しいし、先ほど上げたリスクが常についてまわる。
なので、あなたは早急に環境を変える必要がある。

よく聞く言葉に、「あなたの周りの5人の年収を足した平均が、あなたの年収となる。」

あなたが稼ぎたいと思っている収入にするためには、あなたの周りにいる5人が非常に重要だってこと。
なぜならお金持ちは、お金持ちのライフスタイルや思考思想を持っているからだ。

そんな思考思想の高い環境に身を投じてしまえば、必ずあなたの思考思想もその環境に流れていく。

人間は元来、環境に適用する生存能力が備わっているから。

どうせ環境に適用する能力を働かせるなら、思考思想が低い環境よりも、国や社会に頼ることなく、自ら稼ぎ生き抜く術を身につけた人たちの環境にいたほうが、あなたの未来は明るいモノに変わると思わないだろうか?

環境を変えるだけで、その未来を想像できないだろうか?

あなたが本当に収入を増やしたい、誰に頼ることなく稼げる個人になりたい。
そう思っているなら、、、
そう思ったのなら、、、

あなたに大きく影響を与えている「今の環境」から抜け出す必要があるってことをよく考えてみてほしいのだ。


※この記事が役にたったと思ったら・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして、Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    あなたが稼ぎたいと思っている収入にするためには、あなたの周りにいる5人が非常に重要だってこと。

    常に、意識したいと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top