【究極の自分らしさ】を追求するネットビジネス情報マガジン

【究極の自分らしさ】を追求するネットビジネス情報マガジン

ルールを変えられますか?

ルールを変えられますか?

※この記事が役にたったと思ったら・・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!


【ルールを変えられますか?】

 
こんにちは。藤間誠二です。
 
あなたはルールを守れる人間だろうか?

もし、「ルールなんて関係ねえ!」というのなら、考えを改めたほうがいい。

しかし、ルールを守ってばかりなら、それも改めたほうがいい。
時にはルールを変えてみる必要もある。
ルールは基準値になるので非常に大切なことだと思う。

逆にルールがない人は、ダラダラ惰性で行動してしまう。
だから結果が出づらかったりもする。

ルールを守ることはもちろん大切だが、ルールを変えることも必要なのである。
 

なぜなら、、、
ルールを順守するあまり固定観念が強すぎてしまうから。

 
物事は四角四面な思考で解決するものばかりではない。
物事を多方向から捉えるには思考が丸くなくてはならない。

そのためにはルールを変えてみることも必要なのだ。

臨機応変に対応できない思考だと個人では生きて行けない。
マニュアル人間ではダメなのだ。

個人でビジネスを進める上では想定外の事態がおこる。

本来マニュアルとは、物事の基準値が書かれた手引書なのだ。

マニュアルを順守するあまりに、守破離の「破」に行けない。
型を破れないのだ。

確かに「ルールなくして栄光なし」とも言われる。
ビジネスを進める上で最低限のルールは必要だ。

しかしあくまでも基準値に過ぎず、絶対ではない。
法律ですら絶対ではないのだから。

思考に余白を持たせたほうがいい。

かくいう私もずっとマニュアル人間だった。
ルールを破る人間が嫌いだった。
ルールを守らないことが理解できなかった。

私はずっと余白がなかったのだ。

しかし、心身ともに余白は必要なのだ。

余白が無かった私の末路は、うつ病、ヘルニア、ムチ打ち、頭痛・・・

様々な箇所に異変が現れた。
それは身体からのサインだったのだと後々気がついた。

幸いなことに、今では心身共にリラックスができている。

それもこれも全ては自分で作った他愛もないルールを破ることができたからだ。
 

最後に

 
法律の専門家ですら、法律を曲げることがある。
それは、人間性を重んじているからだ。
生きるためのルールだが、だからこそ、生きるために曲げることもあるのだ。

しかし勘違いしてはならないことは、ルールを破り、何でもかんでも自分勝手にしていいということではない。

ルールを変えるには、基本的なルールを順守できる人間性を備えていなければならない。

あなたはルールを変えられますか?


※この記事が役にたったと思ったら・・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!

このブログの管理人

株式会社イズムCEO 兼 ネットビジネス家庭教師藤間 誠二
【究極の自分らしさ】を追求するネットビジネス情報マガジンを運営している管理者です。ネットビジネスなんて超簡単です!「パソコン1台で企業並みに稼ぐ」乱世を生き抜く独立したスーパー個人にアナタを変えます!そんなネットビジネスの核心に迫る!本気で取り組みたい人集まってよ!

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんばんは^^
    「ルールをかえられますか?」
    本来なら勝手に変えては
    いけない様な気がするのですが…
    お互いに、又は皆んなが生活しやすい様に…
    そして向上する為に、
    新しい「ルール」に変える選択も良いのでは!
    と思っています!
    またお邪魔させて頂きます
    応援ポチ完了です!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top