【究極の自分らしさ】を追求するネットビジネス情報マガジン

【究極の自分らしさ】を追求するネットビジネス情報マガジン

あなたにしか歩めない道

あなたにしか歩めない道

※この記事が役にたったと思ったら・・・・
【応援ポチ】っと、宜しくお願いいたします! もっと頑張っちゃいます!

最近気になること

個人でビジネスをするようになって気になることがある。

それは、
起業することがさも偉いことのような発言をしている人だ。

勘違いも甚だしい。
起業することは別に偉くもなんともない。

私の周りの成功者は、起業している人ばかりではない。
ひとつの企業に20年以上勤続し、成功を収めている人もいるのである。

今では会社に勤めながら悠々自適な生活をしている。

起業することとは、ひとつの選択肢にすぎないのだ。

サラリーマンは奴隷
起業は成功へのステップ
起業は勝ち組、サラリーマンは負け組
などの線引をしている人を見かける。

バカか!
と言いたい。

起業しなければ成功できない
そんな考えすら感じ取れる人が多すぎる。

勘違いしないでいただきたいのは、
起業が正解なのではない。

今アナタがいる立場で、
アナタにしかできないことがあるハズなのだ。

アナタにしかできないことが、
企業に勤めながらできるのであれば、それが正解なのである。

逆に、企業という枠の中では難しいということであれば、
当然起業という選択肢もあるというだけの話なのだ。

では、なぜそんな勘違いが生まれてしまうのか?
結局は、全て決めつけているからである。

ネットビジネスの風潮として、
サラリーマンは奴隷、起業家は自由人
的な考えがあり、
ろくに自由も無いサラリーマンを続ける意味が分からない、、、
という認識が、私にはどうしても解せないのである。

起業が果たして成功なのか?
起業家が果たして自由なのか?

そもそもだが、何をもって成功と定義するのか?
何をもって自由と定義するのか?

私にはその定義付けができない。

これまでの45年の人生を歩んできても、
その定義付けができないのである。

最後に

アナタにしか歩めない人生がある。
そのための選択肢は無数に存在するのではなかろうか。

憧れだけでは意味がないのだ。

これは実際に昨日、私に起きた出来事だが、
どうしても隣の芝は青く見えてしまう。
未だに私にもそんな思考が残っている。

だからこそ、アナタに強く伝えたい。
起業が正解的な考えに惑わされないでいただきたいのである。

このブログの管理人

株式会社イズムCEO 兼 ネットビジネス家庭教師藤間 誠二
【究極の自分らしさ】を追求するネットビジネス情報マガジンを運営している管理者です。ネットビジネスなんて超簡単です!「パソコン1台で企業並みに稼ぐ」乱世を生き抜く独立したスーパー個人にアナタを変えます!そんなネットビジネスの核心に迫る!本気で取り組みたい人集まってよ!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

最近の投稿

More
Return Top